絵描き 趣味

可愛いキャラクターと幻想世界を絵描きたい時に参考にすべき本

更新日:

 

こんにちは!はるっぺです!

本日は絵を描くのに参考にできる本をご紹介。
キャラクターを可愛く描きたい。それでいて幻想的な雰囲気を出したい!と考えている絵描きさん必見です。

本書は「藤ちょこ」さんがイラスト完成までのプロセスを事細かに教えてくれる本です。

設定資料から→キャラクター設定→制作プロセス→チェックポイントと細かに教えてくれています。
可愛いキャラクターを描くことを勉強しているなら手に入れといて損はないかと。

 

この本がオススメな理由

数あるお絵かきノウハウ本の中からなぜこの本をぼくが選んだのか、そして何が良かったのかをピックアップします。

1.藤ちょこ先生の描くイラストが好き

藤ちょこ先生の描く幻想的で美しい世界観が好きで、そんな絵を描いてみたいと常々思っていたわけです。
しかし、完成絵をみてもその過程がこれっぽっちも理解できず、どうやったらこんな絵描けるんや・・・ともんもんとする日々。
しかし今回、イラストのノウハウ本が出るというではありませんか!これは是非とも手に入れなければ!ということで手に取った一冊。

2.思ったより参考になる。

なんだこれ?と思うなかれ。
ノウハウ本の中には、作業過程のみ公開して、「ね?簡単でしょ?」で終わらせる本も多いのです。
内容読んでも全然理解できぬうという本になんども出会いました。
今回もそんな感じだろうと、画集になればいいやぐらいの気持ちで購入したわけですが、案外参考になるんです。

結構はしょられがちな細かいポイントがチェックポイントとして載っているのがありがたい。
イラストにおける設定や、キャラクターデザインの開設。要所要所の大事なポイントを教えてくれます。
一枚絵にそこまで設定を考えるの?と思いましたが、世界観を出すのはそのぐらいしっかりとした設定が必要なのかもしれません。

ラフの段階で色ものっけて完成形に近づけることで、清書での迷い線が抑えられるというのは目からうろこでした。

まとめ

お絵かきをするのに独学では限界があります。自分の絵に伸び悩んだ時は、ノウハウ本を見て基本をおさらいするのも良いです。
藤ちょこ先生の美しい幻想世界の解体新書としてこの本片手にぼくも絵の練習をしています。



-絵描き, 趣味

Copyright© はるっぺは日々考える , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.